義歯・入れ歯|知多で小児矯正に対応した歯医者さん、レオデンタルクリニック

0562820818

義歯・入れ歯

部分入れ歯・総入れ歯でお困りの方へ

歯を多く残している方が大きな病気にかかりにくい要因は、しっかりと食べ物を噛みしめて食事をとり、内臓に負担をかけないからです。噛めないままの入れ歯でお困りの方は、そのままにせずに、ご相談ください。
寝たきりの方でも、良く噛める入れ歯に替えたあとに、とても元気になられた事例もあります。いつまでも健康で暮らすためには、全体の噛み合わせを意識することが大切です。
少しでも、気になる場合は、噛み合わせを調整しましょう。前歯は笑顔の印象を大きく左右します。奥歯は食事に重要です。いつまでも、大きく笑って、食事を楽しみましょう。

バルブラスト

  • 金属のバネが見えない入れ歯です
  • 材料が柔らかいので適合が良く、しっかりと噛めます
  • 金属部分が目立ちません
  • 吸収性をもたないので、匂いが気になりません。

インプラント

入れ歯やブリッジでは満足出来ない方へ

歯を失ってしまった、入れ歯の噛み合わせが悪いなどの悩みを抱えている方に、インプラント治療をいたします。
当院は、日本歯科インプラント器材協議会に加盟しています。信頼性の高いインプラントを取り扱っています。
また、インプラント手術時において、医師による検査や診断を十分に行うので、安心してください。

インプラント治療には 欠かせないCT診断

CT画像を利用することで、顎骨の特徴を見ることができます。インプラント治療で重要なことは、顎骨の形態を正確に把握して診断することです。インプラント治療で多い下顎臼歯部(下の奥歯) には、さまざまな血管や神経が通っています。

CT画像なら①顎下骨筋線の下に存在する②顎下腺窩がはっきりと映ります。この組織内には、舌下動脈と舌神経が通っています。
CT画像により、これを正確に把握、診断することによって、精度の高い安全なインプラント治療を行うことができます。

ページトップへ戻る